ハウスメーカー系の会社にリフォームをお願いする場合

リフォームやリノベーションは規模が大きくなるほど慎重にならなければなりません。

考え方・目的を絞り込む必要があるからです。

新築そっくりさんを含め、業者選びの心得をお話ししておきましょう。

●過度な依存は返って満足度を下げる。

住まいのリフォームやリノベーションを依頼する場合、口コミやご近所の評判をチェックしただけでは思い切れないのが実際です。

数百万、1千万単位の費用がかかる改修には、決心がつくまで相当な時間がかかるものです。

質問にあるように、新築そっくりさんのようなハウスメーカー系の会社に依頼するか、地場の工務店に依頼するかは、もっとも多くの人が思案を重ねる分岐点です。

結論から言ってしまえば、どちらに依頼しても100%満足のいく改修はないということです。

●どんな会社に依頼しても不満・トラブルはある?

たとえば地場の顔見知りの工務店にお願いしても、トラブルはあります。

新築そっくりさんにお願いしても、不満はないとは言い切れません。

大事なことは十分な打ち合わせを重ねること。

大規模な改修工事であれば、納得のいくまで設計図を引き直しておらうことです。

そのうえで新築そっくりさんのような大手ハウスメーカーであれば、実績も数万件ありノウハウも豊富です。

打ち合わせを疎かにしなければ、大きなトラブルはないと思います。

≫≫気になる記事:リフォームトラブルを回避するための五か条 [住宅リフォーム]

●新築そっくりさんには完全定額制のリフォームから大規模リノベーションまで事例は広範にあります。

何を目的にするか改修の目的をハッキリさせましょう。

実績が豊富、幅が広いということで安心してしまっては、その思い込み自体がデメリットになります。

事例はどうあれ、改修に向け。

「自分たちは結果として何を得たいか」、リフォームの目的を明確にすることが大事です。

イメージだけを追っていたら失敗します。