リノベーションは新築そっくりさんで請け負ってもらえますか?

住まいは老朽化がすすむにつれて目には見えない住まいの奥深くに悪影響を及ぼし始めます。

リフォームとリノベーションの根本的な違いを知って改修に備えましょう。

●リフォームとリノベーションでは改修内容が違う。

リフォームとリノベーションを同じ延長上でイメージする人もいますが、リフォームとリノベーションは根本的に改修の仕方が異なります。

リフォームは壁紙や床材などを新しくして住空間のリニューアルを行うのが基本です。

どちらかと言えば表面的な修復に留まります。

したがって築10年~20年までの住まいに向いています。

それに対してリノベーションとは、住まいの柱や梁、構成材など、主要なところを残して間取りや階数などを一式作り替えてしまうことまで可能にする大規模な改修工事を言います。

●目に見えないところの老朽化をチェックしてもらう。

新築そっくりさんは改修の世界ではトップレベルの会社であり、大手ハウスメーカーのノウハウをもっていますから、リフォームにもリノベーションにも対応してくれます。

質問にある「築30年を過ぎたらリフォームより、リノベーションが良い」というのは、住まいは築30年を過ぎると目に見えないところの老朽化がすすみ、リフォームのレベルでは住まいを長寿命化させることができないからです。

●新築そっくりさんでは、これまでに数万件の施工実績をあげてきた会社です。

《参考》施工実例紹介…住友不動産のリフォーム 新築そっくりさん戸建 湘南営業所

“築30年”ですから給排水管など、根本的な診断をお願いしましょう。

お話ししたように、築30年は表面上の傷みはもちろんですが、床下・天井、屋根、外壁・内壁の劣化などが気になります。

基本はリノベーションで改修することを考え、新築そっくりさんにその範囲を決めてもらいましょう。